No. 5 BOXY飯能


特徴的な外観
狭小地・南からの光がとりにくい土地の為、中庭を設けて採光をとると共に、木柵の目隠しのおかげで、家族のためのくつろぎスペースとしても使えます。外観を箱形に、駐車スペースも1階部分に組み込むことで、狭小地スタイルの実現です。
明るいリビングキッチン。自然と開放的な中庭に目線が移ります。
反対の角度から。一続きのキッチンと、掘りごたつの座卓は目線が揃う設定なので、家族とのコミュニケーションも自然と増えていきます。リビングの一画には、ちょっと横になれる畳スペースも。普段は開放的に使いますが、来客時には扉を閉めて個室として使える工夫があります。
このモデルハウスの公開は終了しています。
    その他の事例
  • first MODEL…
  • ともに暮らす家【キゴコチ…
  • ともに暮らす家【キゴコチ…
  • BOXY所沢…