No. 18 こだわりと本質を両立させる住まい。

《 飯能市S様 》

オーダーする楽しさを味わえました。

飯能のマンションにお住まいだったSさん。結婚してやはり一戸建てが建てたくなり、家づくりを検討しはじめたといいます。「実は最初は三協さんは候補にあがってなかったんです。ログハウスやサーファーズハウスのような家を建てたかったので、そういうのが得意そうなところをチェックしていました」とSさん。そんなとき職場の先輩の家にお邪魔する機会があり、そこで知ったのがその家を建てた三協建設の存在。木の家の雰囲気が気に入り家づくりを相談してみると、土地選びや家の仕様など細かなところまで親身になって話しを聞いてくれて「この工務店なら信頼できる!」と、家づくりを託すことになりました。「他もいろいろと見たのですが、安くても規格型で変更するとかえって高くなったりして、注文住宅としてイチから設計してくれる三協建設を選んで正解でした」とAさん。「雑誌やカタログを見ながら『これできる?』とか、『こんな感じにしちゃダメよ』とか(笑)…タイルやフェンスに至るまでかなり細かくオーダーさせていただきましたが、きちんと調べて提案していただいて、ほんと感謝しています。」



要望のその先をカタチにする。

一見、旦那様のこだわりが強いように思えるSさんの住まいですが、キッチンの窓や収納、造作の棚など、奥様のこだわりにもきちんと応えてあります。「ありとあらゆるところに収納をつくってもらったので、日々の生活の中で部屋中にモノが溢れることがなくていいですね」と奥様。とはいえ、すべてオーダー通りに設計してあるのかと思いきや、そうでもない様子。「食品庫など、担当してくれた三田さんの主婦のアイデアを出してもらったおかげでとても使い勝手がいいです。動線も含めて、こちらの要望を叶えながらプロとしての提案をしてくれたのがよかったです」という言葉通り、ただお客さんの要望を叶えるだけでなく、その思いの先にあるものをカタチにするのが三協建設が支持される理由なのかもしれません。



木のいい香りがする住まい。

住みはじめて1年ちょっと。日当たりがよく、風が抜ける敷地ということもあり、四季を通じて快適に過ごすことができるそうですが、より心地よい家になったのには素材選びにポイントがあったとか。「ひとつは断熱材、目の前に工場があるセルロースファイバーの断熱材を使ってもらったんですが、調湿性があることで梅雨時期もジメジメ感がありません。あとは床材ですが、最初はパイン材を使うつもりでいたのですが『飯能で建てるなら西川材でしょう』と三田さんから提案され杉材にしました。香りがとてもよく、いまでもお母さんが訪ねてくると『この家はいい香りがする』と誉めてくれます。犬を飼っているので、臭くなりがちなはずなんですが、臭いが籠もることもなく、快適に過ごすことができていますね」と奥様。消防士というハードなお仕事をされている旦那様も「この家に帰ってくると、本当落ち着きます」と自然素材が醸し出す癒やしに満足されているご様子。こだわりに応えながらも、住まいの本質はきちんとおさえる…三協建設の良心がうかがえた今回の取材でした。


撮影・取材:(株)アドブレイン 塚本 浩史

飯能市S様

所在地:飯能市
家族構成:ご夫婦+お子様1人
敷地面積:170.7㎡(51.64坪)
延床面積:106.81㎡(32.31坪)
お引き渡し:2016年3月

    その他の住まい手の声
  • こだわりの家づくりを叶え…
  • 木のぬくもりが表現する、…
  • ていねいな暮らしができる…
  • 大切な記憶を紡ぐ。…
  • ていねいな暮らしが似合う…
  • 信頼できるスタッフとつく…