居場所のある心地よい住まい。

《 所沢市F様 》

どうせ建てるなら、こだわった家づくりを。

お子さまが生まれたのを機に家づくりを検討しはじめたというFさん。最初は特にどういう家を建てたいという思いもなく「なんでもいいから建てられればいいや」と思われていたそうです。しかし、真剣に家づくりを検討するにつれ「一生の家づくりだから」と考え直すようになったといいます。住宅雑誌を眺めるうちに「木の家がいいな」と思いはじめたFさんの目に飛び込んできたのが三協建設の記事。一枚板のキッチンダイニングテーブルが気に入り、電話して三協建設で建てた住まいを見学させてもらい「ここなら間違いない」と家づくりを託すことにしました。「三協建設を見てからは、他の工務店を回っていないんです。ここしかないなと思いましたから」とFさん。土地を買ったところも建築は請け負っていたそうですが、三協建設に家づくりをお願いしたのは設計の良さが決め手になったようです。



家族の絆を築く設計力。

「こだわった家にしたい」そう考えはじめたFさん。旦那様は「隠れ家的な書斎スペースが欲しい」と思い、奥様は「キッチンから子供たちが遊んでいるところが見られるようにしたい」と考えていたそうです。結果、Fさんの住まいはひとつの空間のなかにそれぞれの居場所があり、家族の息づかいを感じられる住まいに仕上がっていました。「階段はリビングを通らないといけない位置にしていただきました。そうすることで、知らないうちに子供たちが部屋に戻ったり、出掛けたりすることがなくなりますから」と奥様。家族の絆に家の設計が深く関わっていることがわかるコメントです
無垢の木と自然素材で仕上げられた室内の心地よさは「引っ越しのとき配送業者の方から『カフェでもやるんですか?』って聞かれたんです。たしかに他にはない感じですし、居心地の良さがカフェっぽさを感じさせるのかもしれませんね。」


訪れる方が一様に驚く心地よさ。

住み始めて2年、夏は風通しがよく、木のもつ調湿性の良さから梅雨時のじめじめした感じがないこともあり、同じ市内に住むお母様から「ウチと全然違う!」と言われ、冬は訪れた友人から「床暖房入れてるの?」と言われるくらい無垢の木の床が暖かいといいます。「自然素材は傷がつきやすく最初は気になりましたが、いまではそれも味わいかなと思えるようになりました」とFさん。お子様の成長とともに家も育っていく、そんなことを感じさせてくれるFさんの住まいでした。

撮影・取材:(株)アドブレイン 塚本 浩史

所沢市F様

所在地:飯能市
家族構成:ご夫婦+お子様2人
敷地面積:200.07㎡(60.52坪)
延床面積:110.54㎡(33.44坪)
お引き渡し:2015年3月

    その他の住まい手の声
  • ていねいな暮らしが似合う…
  • 信頼できるスタッフとつく…
  • こだわりの家づくりを叶え…
  • こだわりと本質を両立させ…
  • 木のぬくもりが表現する、…
  • ゆったりとした時間が流れ…