自然と共生する暮らしを求めて。

《 所沢市N様 》

P1110388

山を体感しながら暮らす。

山が好きで湾岸エリアから飯能に移り住みたいと願っていたNさん。眺めの良さが気に入り選んだ土地は森そのもの。立木をなるべく残して建てた家は、自然と共生するOMソーラーの家でもありました。

P1110371
PA200111
PA200097

高層マンションやハウスメーカーの家を移り住んできたNさん。終の住処となる家は、安心できる場所でしっかりとした家を建てたいと願っていました。過去の経験から、「次に建てるなら、無垢の木と珪藻土で」と考えていたNさんでしたが、あわせて「寒い地域に移るので、OMソーラーは絶対入れたい」と決め、OMソーラーの会員工務店を何社かあたったなかから一番気に入った三協建設に家づくりを託しました。

理にかなった仕組みのOMソーラーが気に入って。

「床暖房もいいと思っていましたが、OMの太陽熱で空気を暖める方式がすごく理にかなっていいと思いました」とNさん。真冬にはさすがに補助暖房を使うこともありますが、初冬はOMだけで済まされているよう。「冬、家に帰るとほわっと暖かく、外が氷点下でも13℃以下にはなりません。ほどよい暖かさが心地よいし、自然からもらっているという感覚がいい」と旦那様。夏はお湯採りをしていることもあり、電気代、ガス代が安くなり、夏のガス代は基本料金くらいで済むそうです。「夏になると急に使用料が減るので、不思議がった業者が確認に来たこともあります」というエピソードも語っていただきました。
PA200088
P1110368

安心の家づくりが叶える充実したひととき。

「土地が特殊でいろいろ大変なこともあったと思うが、一生懸命やってくれました。三協建設と出会ったのがお世辞でなくよかったと思える。アフターや点検も含めて本当によくやってくれている」とNさん。そんな安心できる家づくりに支えられて、趣味の陶芸や絵画を純粋に愉しむこともできているご様子。夏は森に囲まれてひんやり。秋には紅葉を楽しみ、冬は葉を落とした木々の間から夜景を眺めることもできる別荘のようなNさんの家には、今日もゆったりとした時間が流れていることでしょう。

撮影・取材:(株)アドブレイン 塚本 浩史

user_voice05

所沢市N様

所在地:所沢市
家族構成:ご夫婦
敷地面積:551.77㎡(166.9坪)
延床面積:135.25㎡(40.91坪)
お引き渡し:2007年8月

    その他の住まい手の声
  • 信頼できるスタッフとつく…
  • ていねいな暮らしが似合う…
  • こだわりの家づくりを叶え…
  • こだわりと本質を両立させ…
  • 木のぬくもりが表現する、…
  • 居場所のある心地よい住ま…