2018.04.08

飯能市立博物館へ行ってきました

カテゴリ: タグ: 投稿者:

 

リニューアルオープンした飯能市立博物館へいってきました。

愛称は一般公募から選ばれた『きっとす』。

ムーミン童話の作者トーベ・ヤンソンさんの故郷フィンランドの言葉で「ありがとう」に発音が似ているそうです。

その他、「木と住む」、「木を子供たちにトスする」なんて素敵な意味合いも含まれているそうです。

建物内部はリニューアルされとても綺麗でした。

西川材をしっかりと使っていて美しいです。

 

 

 

 

私の注目はやっぱり西川林業のゾーン。

山をそのまま再現したようなダイナミックなエリアです。

西川林業の歴史がとてもコンパクトにわかりやすく説明されています。

 

 

この木なんの木??なんていうコーナーもありました。

いざ、出されるとドキッとしてしまいますが、私は全問正解できました。

答えが気になる方はご自分で確かめて見てください。

 

 

催し物を同時開催していたり、まだまだ面白い展示物が沢山あります。

特に飯能の歴史を知る上では、貴重な情報が沢山ありますので、ぜひ足を運んでみてください。

じっくり見ると一時間くらいすぐに過ぎていました。

ずっと飯能に住んでいる私ですが、ちょっぴり飯能に住んでいることが嬉しくなりました。