2018.02.19

耐震模型

カテゴリ: タグ:,  投稿者:

当社では、今月の18日(終了)・25日に、

ただいま建設中の現場で構造見学会を開催しています。

どうぞお越しください。

詳細はこちら→

 

 

そんなこともあり、構造の強さに関する簡単な模型を作成しました。

 

参考にしたのは、名古屋大学福和研究室で作られた振動実験教材です。

その中で手軽に作れるのが「かみぶるる」という名前の付いたパターンです。

 

型紙がダウンロードできますので、ご興味のある方はこちら→

 

「筋交い」によってどれだけ振動=地震に強くなるかを実験・証明します。

 

箱の中に×印で入っているのが「筋交い」です。

 

 

左が「筋交いが2階のみ」

真ん中「筋交いが1階のみ」

右「筋交いが1、2階両方」

 

本来は、これを揺らして強さを確認するのですが、

何もしなくても数分で1番左が傾いてきました。

恐ろしい…。

 

 

実際揺らしてみると、こんなに違うのか!と思うほど、

1番右で筋交いが1、2階に入っている模型が

強いというのが見て取れました。

 

さらに当社では、筋かいの他に耐力壁という面材も使用しているので、

面材を入れた模型も作ってみたら、これも強い!

 

 

簡単なものですが、面白いほど違いがあるので

事務所にお寄りの際は揺らしてみて下さい。

 

さらに構造見学会では実際の筋かいを

見ることができます。

ぜひお気軽にご連絡ください!

 

安藤海