2018.06.25

皇居の大手門の柱。

カテゴリ: タグ: 投稿者:

先日、用事ついでに皇居周辺を散策してきました。

 

手荷物検査を受けて、城内を無料見学できます。

大手町のビル群だった周辺から、一気にタイムスリップしたような

感覚になりました。

 

こちらは大手門だそうです。

いやー、迫力がありました。

何よりびっくりしたのは、この柱と梁の材木の太さ、おおよそ70センチ

位はあるのではないでしょうか?

門の扉を支えるいわゆる蝶番もこの大きさです。

こちらもやはり70~80センチくらいの大きな大きな金物でした。

 

この大手門は、築城の名人といわれた藤堂高虎が1607年に手掛けた建造物だそうです。

何というか、、、、防御力は抜群に見える建造物でした。

 

歴史の溢れている皇居周辺、今度はもう少しゆっくりと散策してみたいと思います。