2019.11.22

正倉院展に行きました。

カテゴリ: タグ:, , ,  投稿者:

上野の国立博物館で正倉院展が開催されています。

 

 

私がぜひ見たかったのが、螺鈿紫檀五絃琵琶、平螺鈿背八角鏡、黄熟香、白瑠璃碗など、数々の正倉院宝物です。

前期と後期に分かれていたので両方とも行ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

どれも素晴らしかったですよ。

実物の写真はNGなので画像は模造ではありますが、忠実に再現してあります。
貝の繊細な細工やベッコウに裏から彩色する技術など。

 

本当は裏面がすごいので、そちらを載せたかったのですが〜。

また、写真はありませんが蘭奢待(黄熟香)と言われる香木。沈香という種類の香木で、聖武天皇の時代に中国から渡来したとか10世紀頃だとか言われているらしいです。これまで足利義政、織田信長、明治天皇らが切り取っていて、その跡が今も残っています。今も香りが残っているそうですよ。

 

 

 

 

一体どんな香りなんでしょう?

いつか奈良の正倉院展に行ってみたいですね。

 

 

 

設計 伊藤