2017.01.30

模型つくりました

カテゴリ: タグ:,  投稿者:

模型をつくりました。

ブログで見ていただくのは久しぶりです。

 

今回は、土台となる敷地の素材に、

手元にあった床材の「クッションフロア」というものを使ってみました。

 

 

クッションフロアはクッション性のあるシート状の床材です。

三協建設では店舗や施設で使っていて、ときどき住宅でも使っています。

ふつうは、敷地を模型と同じ材料の「スチレンボード」という、

発砲スチロールと同じ材質の板でつくっています。

 

学生のときは、1㎜のコルクシートの施工が楽で、雰囲気もかわいいので、

模型にコルクはよく使っていました。

なので、いつか三協建設の1/50模型でも使おうと思っていたコルク!

 

現場でクッションフロアのコルクが1セット余ったと聞いて、それをもらい、模型で使えるときを待っていました。

30センチ×30センチで、サイズが決まっているので、

使える場所が限定されています。

 

ここでやっと使えました!

コルクといえど、さすがに床材なのでとても硬く、

切っていくのに手が痛かったですが、やはりコルクはかわいいです。

 

さらに今回は窓の枠もつけてみました。

難しいです。けれど雰囲気は伝わりやすい気がします。

まだまだ研究していかないと!

 

 

これからもいろんな素材を使って、

実際をイメージしやすい模型を作っていきたいです。

 

 

 

 

 

安藤 海