2017.12.04

断熱性能と快適さ

カテゴリ: タグ: 投稿者:

1980年(昭和55年)旧省エネ基準、1992年(平成4年)新省エネ基準、1999年(平成11年)次世代省エネ基準、2013年(平成25年)改正省エネ基準と目まぐるしく改正されてきました。

そしてまた2020年規制へ。

高気温による死亡率より低気温による死亡率の方が高いというデータがあり、断熱性能と健康はとても密接な関係にあるわけです。「快適に・愉しく」+「健康」に住まうということと、高断熱・高気密の住宅になればなるほど自然素材(無垢材、和紙、左官仕上げなど)は空気質浄化や調湿効果に力を発揮してくれます。自然素材のパワーは非常に有り難いことです。