2019.09.01

徳川家光ゆかりの地 喜多院つづき。。。

カテゴリ: タグ: 投稿者:

前回の続きです。前回はこちら

川越にある東照宮って。。。

じつはあちこちに東照宮はあります。そのうちのひとつで

ここは仙波東照宮と呼ばれています。

またまた彫刻が素敵です。

家康公を日光に埋葬する時に立ち寄り法要を行ったそうです。

ガイドのボランティアの方がいらっしゃいました。

お掃除などの整備を兼ねながら説明をしてくださいました。

周りには歴代の家老の納めた灯籠がたくさんありました。

奥には入れませんでしたので

手だけちょっと伸ばして撮影しました。

鈑金の細工も綺麗です。

ハートに見えるところがちょっと可愛い

朱塗りの化粧垂木やカラフルな肘木がとても印象的です。

こういう絵も描いてみたいですね〜

この他、春日局化粧の間や展示のある書院や客間で社会科見学。

こちらは有料ですが五百羅漢の拝観料も含まれます。

撮影禁止なので画像はありませんが

家光の浴室やおトイレも見ることができます。

うぐいす張りも楽しんで(?)きました。

五百羅漢は石像に動物がいるということで探しながら歩きました。

ちょっと石像が怖くて写真を撮れず。。。

あとで調べましたが干支にちなんだ動物を見つけることができるそうです。

そうやって思い出すと。。。ネズミ、蛇、馬、見つけられなかった〜

劣化しているので予習していかないと「なんだろう?これ?」って

いうものもあるのです。

喜多院ふらふら半日観光はなかなか充実していました。

まだ午前中。

午後はお家に帰って夏休みの宿題ができます!(しません)

夏の終わりの社会科見学でした。