2017.08.25

山で木育のお話

カテゴリ: タグ: 投稿者:

木育という言葉をご存知でしょうか。

今ではよく耳にする言葉になってきましたが、木育とは木や山を通して子供たちと学びを共有しながら

肌で触れあうことで学習していくことです。

何よりも山に足を運び、木を体感することでしか得られない事柄が重要だと思います。

今回は木の命の移り変わり、山の仕組みについてお話してきました。

 

 

こちらは手入れをしている人工林と何もしていない人工林を模して作成した実験キットです。

山の持つ保水力についてのお話です。

こちらは三協建設の山のイベントでも試してみたいと思いますのでぜひ!!

 

命のお話というと大げさに聞こえますが、決してそんなことはないと思っています。

木は形を変えて私たちの住む家や家具、あらゆるものに形を変えています。

それでも生きているんです。生命は形を変えて生き続けていく。

そんなことを肌で感じてもらえていたら嬉しいです。

こちらの写真は木肌に流れている水分の音が聞こえるか、聴診器を当てて試しています。

実際聞こえるかどうか?は別として木の音に耳を傾けることを目的に行っています。

 

最後に木を1本間伐しました。

私がチェーンソーを持っていたので写真は少ないですが、木が倒れる瞬間というのは

言葉に表せないものを感じます。

とてつもない生命のインパクトです。

三協建設の山のイベントでも木育を取り込んだお話をする予定です。

皆さんが楽しみながら木を体感してもらえればと思っています。

ぜひ、HPをチェックしてみてくださいね♪