2019.09.06

大地を覆う虹、天高く見上げる虹

カテゴリ: タグ: 投稿者:

夏は夕立。。。

最近は夕立よりもゲリラ豪雨が目立って

なんだか風情を感じない気候になってしまっていますが

雨上がりの楽しみといえば「虹」

 

夏の帰宅時にちょっと見える虹が好きなんですが

運転中のため撮影することができなくて…

 

先日は移動中に通り雨が降り

いつもはなかなか見られない虹を見ることができました。

 

 

最初は薄っすらと…

分かりますか?地面を覆うように出た虹。

 

午後3時過ぎのことなのでまだお日様が高い位置にあります。

お日様が高い位置にあると虹は低い位置に出るようです。

(ネットで調べた時は小さな虹と書いてありましたが充分に大きく見えます)

 

 

まるで大地を覆うように見えます。

そしてどんどん近くなってきます。

これはもしかして…

そう、ありえないけど虹をくぐれるかもという期待(^_^)

 

 

どんどんどんどん♪

 

 

あれ?

くぐるかな?って頃に虹がふっと消えてしまいました。。。

(動画にすればよかったなぁ)

残念ながらメルヘンの世界には入れませんでした。

 

ここで虹のお勉強を

虹はお日様を背に向けてお日様の角度の反対側(地中になります)

を中心にして円を描きます。

今回はお日様がまだまだ高い位置なのでお日様の角度の反対側が

私たちに近いところの地中になったのでしょうね

 

また虹が二重に見えたりしますが副虹(ふくこう)といって

よく見ると主虹(メインで出ている虹しゅこう)とは色の配列が逆になっています。

これは知らなかった〜次は気をつけて見ることにしよう。

 

英語のRainbowは雨の弓(ReinとBow)という意味で

フランス語のarc-en-cielは空にかかるアーチという意味だそう

 

虹をみつけるとワクワクしてしまいます。

この日は夕方にもう一度虹を見ました。

なんてラッキーなんだろう。

 

今度は夕方だったので見上げる虹でした。