2016.09.16

ファイロファックスのシステム手帳

カテゴリ: タグ:,  投稿者:

先日、社会人4年目にしてシステム手帳を買いました。

中途半端な時期ですが、いま使っている手帳の使い勝手があまり良くなく、

あと4ヶ月残っていましたが、新しく購入しました。

 

 

「システム手帳ならファイロファックス!」というのは

すぐに決まったのですが、そこからが大変でした。

決めたらすぐに買いたいので、ファイロファックスのホームページから

オンラインストアで買おうかなと思い、スマホで物色・・・。

しかし、種類や色がありすぎて決められません。

 

ファイロファックスは1921年創立し、

今のシステム手帳というものをつくりだしたイギリスの会社です。

現在の開閉式の6穴で紙を閉じるシステムは

ファイロファックスが開発したものです。

 

これは実際に見ないとわからない! と思って、池袋へ。

池袋にはファイロファックスを扱っているところが4ヶ所ほどあり、

全部回るのも大変そうなので、

朝からファイロファックスに電話でいろいろ聞いてみました。

 

結果、東武百貨店文房具売り場の伊東屋へ!

着いてみると一角に陳列されていて、ここでも迷います。

 

 

皮の種類もいちばんスタンダードであろうものや、ちょっと光沢のあるもの、

はたまた真っ赤でシボのあるのもかわいい!

 

さらに、ロゴの押し型の位置や、ステッチの有無や、

付属の扉のデザインも種類によって異なるので、

本当に迷いました。

 

 

実際持ってみて鏡で自分に合う物を合わせながら数十分見くらべ、

やっと、いちばんスタンダードなものに決めました。

 

最後は赤と黒で迷いましたが、一生物と考えて黒!

 

そして伊東屋は皮革部分に名入れもやっていたので、

プラス500円で名入れもしてもらいました。

 

 

フフフ。

帰りの電車の中で我慢ができずに開封。

いつもなら爆睡ですが一睡もせず、

あちこち触って、にぎりしめて帰りました。

 

 

安藤 海