2016.09.06

みすゞ飴本舗飯島商店

カテゴリ: タグ:,  投稿者:

みすゞ飴っておいしいですね。
小さいころから時々食べてて、大好きです。
DSC06799
この夏、お墓参りがあって長野県に行ったのですが、
家族が、「ちょっと上田に寄ってみようか」
というので、上田市に立寄りました。上田市は、NHK大河ドラマ『真田丸』の真田家の城下町でした。
あちこちに六文銭のマークが見られ、
観光客でにぎわっていました。わが家の目的はここ。 

 

あのみすゞ飴の本店です。
ウーン、クラシック。
私は初めてだったのでワクワクです。

 

 

建物は、登録有形文化財になっていました。
お店の資料によると、
大正13年の木造建築で、まるで石造りのように見えるのは、
外壁が“石目地”といわれる塗装なのだそうです。
当時の和洋折衷のレベルにはビックリです。

 

 

そしてドアマンのいる入口から中に入ると、
アンティーク雰囲気満載のお店で、
全体にアールヌーヴォーとかアールデコの印象です。

 

 

 

駐車場そばには、明治27年にたてたという、
漆喰壁の事務所棟、作業場などがあり、
こちらも、その時代そのものが上田駅前に現役で建っていました。

 

 

 

さて、みすゞ飴ですが、
試食用が山盛りでうれしくなります。

 

 

こちらはみすゞ飴の復刻版、イチゴ味です。

 

 

そのほか四季のジャムとか生ジャムとか、直営店ならではの製品がいっぱいありました。
フルーツのミツで食べるアンミツがあって、これもお土産に買いました。

冬にも季節限定品があるそうで、それも食べてみたいです。

安藤 海