性能・アフター

たしかな性能を持った住まいを建てる。

住宅は、建築時に大量の資材を消費します。そして、完成した後も、そこに住まうということは、大量のエネルギーを消費するということでもあります。そんな住宅を20数年という短いスパンで壊しては建て替えていたのがこれまでの日本でした。環境の世紀と言われる今、環境負荷の小さな住まいを建てて長く住み継ぐことは、私たちに課せられた義務ともいえます。わたしたち三協建設は、この課題に真っ向から取り組み、これからの家づくりに求められる確かな性能を持った家を建てることを宣言します。

1.冬暖かく、夏涼しい家をつくる。

断熱材選びのポイント

断熱材は「吹付け硬質ウレタンフォームA種3」を標準仕様としています。複雑な構造の住宅も吹き付けて発泡させるから隙間無く施工できます。透湿性も低く、断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁全体の壁全体の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡剤として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球に優しいウレタンフォーム素材です。

2.空気すっきりな家をつくる。

調湿性の高い素材で心地よさを確保します。

調湿性の高い仕様で快適性を追求しています。構造体を現しにしたり、床に無垢材を使用することで、温かさを感じさせるとともに、調湿性も確保します。珪藻土などの左官仕上げや、モイスを活用することで、健康で環境に優しい家を提案します。

P1060155_

3.住み継ぐことのできる家をつくる。

たしかな基本性能(構造・耐震)を有しています。

全ての基本となる地盤と基礎には、徹底してこだわっています。全棟地盤調査を行い、そのデータを基に基礎の構造を決定。基礎にはまず土壌処理を行い、防湿フィルムを施したベタ基礎工法とすることで、土中からの湿気を防ぎ、シロアリが好まない環境を作り出しています。柱材は杉120角を採用、土台は防蟻対策も考えて120角の桧を採用しています。
材の痩せや、荷重による収縮、振動による緩みを防止することで、接合部の耐力低下を防ぎ、新築時の耐震力を長期に維持する、金物工法を使用しています。
外壁の下地には構造用スターウッドを貼り、2.9倍もの優れた壁倍率を持ち、また透湿性が良く壁内結露対策に優れています。未利用木材・建築材料を活用し、CO2の長期固定化に貢献した、環境に優しい耐力面材を使用しています。

4.美しい景色の一部になる。

景観との調和した住まいをつくります。

建物の配置、形状、色彩なども、周りの景観に調和したものを意識して設計しています。たとえば屋根の形状は、日本の風土や気候に合い、建物の寿命を延ばす、切妻大屋根の単純形を基本としています。

STRBC_C

5.燃費のいい家をつくる。

自然エネルギーの活用

環境に負荷を与えない工夫の取り組みとして、化石エネルギーを極力使わず、自然が与えてくれる光、地、水、空気、暖かさ等を利用した家づくりに取り組んでいます。たとえば、太陽熱で家全体を暖めるパッシブソーラーという家づくり。こうした自然力を活かした家づくりに取り組みことで、二酸化炭素の削減に貢献しています。
詳細はOMソーラーWEBサイトへ

omsolor_summer
omsolor_winter

アフターメンテナンスシステム「ゆうゆうの会」

平成27年4月より、アフターメンテナンス「ゆうゆうの会」が発足しました。
新築お引き渡し後は、里の会(無料)会員として、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年目の計5回の定期点検を行います。その後は、任意で森の会(有料)にご入会いただくと、年に1回の点検を継続させて頂くことが可能です。
その他にも安心サポートや協力ショップの割引利用などの特典をご用意しております。
更に特別イベントを企画し、楽しみながらより快適で永く住み継いでいただける仕組みづくりをしています。

san_after
  • first_button-01
  • first_button-02
  • first_button-04
  • first_button-05
  • first_button-06
はじめての方へに戻る