2018.03.02

飯能市)K様邸新築工事 その5 OMの2

カテゴリ:,  タグ: 投稿者:

OM工事の第2段です。

 

前回は、屋根上の『集熱パネル』の設置に伴う施工でした。

 

今回は、『集熱パネル』で暖められた空気を室内に一か所から取り入れる為に、

暖められた空気をまとめる役割を担った部材、『棟ダクト』を覆う為の施工です。

 

『集熱パネル』と『棟ダクト』を繋ぐ部材の高さが低いので、この部分から下地を組みます。

 

木材をアングルに留めつけて、その木材に合板を立ち上げてビス留めします。

 

 

棟ダクトの上方の屋根下地に通気用の開口(OMとは関係なし)を開け、外壁を伸ばして、先行して立ち上げておいた合板まで棟ダクトに蓋をするように繋ぎます。

 

室内に繋がる通気開口から外壁側の通気開口へと通気が為されます。(建物に必要な通気開口であり、OM施工に必要とされる開口ではありません)

 

その合板に透湿防水シートを被せて、棟ダクトを覆う工事は終了です。

外壁側から見るとこんな感じです。

第3弾へと続く。