2019.03.17

柏原の家

カテゴリ: タグ: 投稿者:

柏原の家の基礎工事が進んでいます。

鉄骨3階建てです。

 

こちらは、「ベースパック」と呼ばれるもので、

ほとんど、基礎の中に飲み込まれ、

上部のアンカーに鉄骨ベースプレートを固定します。

このように鉄筋でまかれ、コンクリートの地中梁の中へ固定されていきます。

 

こちらは、「圧接」と言って、鉄筋を両側から引っ張り、酸素で鉄筋を溶かしながら、

つないでいきます。(普段は、ある一定の長さを結束線で縛るだけですが、

16㎜以上の太さのものは、この圧接と呼ばれる接合をしていきます)

いよいよ「配筋検査」となります。