2020.10.11

川寺の家 新築工事

カテゴリ: タグ: 投稿者:

川寺の家の建築が始まりました。

まずは基礎工事。

先日、配筋の検査を受けました。

まずは、配られた鉄筋の太さ、配置寸法のチェック。

こちらは人通口と呼ばれる、立ち上がり基礎の切れた部分。

(この間をすり抜け、床下の点検をします)

立ち上がりが切れているので、土間内に補強筋と呼ばれる鉄筋を入れていきます。

こちらでは、13㎜の鉄筋を3本施しています。鉄筋の大きさ数などは、

構造計算で出てきます。

立ち上がりの通り、長さなどをチェックして、終了となります。

この後ベースコンクリート打設、立ち上がりコンクリートの打設となります。